心と体

こんな風に年をとりたい

職業柄、色々なお年寄りに出会います。
年をとっても、若くて、頭もしっかりして
こんな風に年をとりたいを思わせる人には、
何か特別なものを食べているか、聞くことにしています。

90歳近くまで、長年自治会長をこなしていた
Sさんご夫婦。お二人とも超若い。
聞くと、30年ほど前から一日もかかさず、
クエン酸を摂っているそう…。

80代半ばで、認知症のお姉さまの介護をなさっている
Tさん、日本舞踊の先生をしていただけあって粋。
昔からニンニク卵黄を自分で作って食べていたとか。

家事を全部こなす、お独り暮らしのKさん、90歳
は、バナナ酢を作って飲んでいます。

昨年95歳にしてオーストラリアに旅行した
Iさんはビタミンcを常用しています。

以前テレビ番組で、『あの紅茶きのこはどこに行った?』
というコーナーを見たことがありますが、紅茶きのこを
数十年食べ続けている80代男性の色つやが良くて
若かったこと!

クエン酸や、バナナ酢は酸っぱくて私は苦手。
でも、自分に合うサプリメントを見つけて、
長年続けることが、若さを保つ秘訣かも知れません。

鎌倉のお屋敷に住む大奥様Mさん、足が悪いのは
お気の毒ですが、優しい子どもたちや、お嫁さんに恵まれ、
はたから見ても、幸せな方です。
3年ほど、訪問マッサージに行ってましたが、、
一度も人の悪口や不満を聞いたことがありません。
だからこそMさんに幸せが集まるのだと、思います。

私も、いいお手本はどんどん見習って、
身体も心も健康に年をとりたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

よこすかガン患者の会総会

もう風薫る5月!

ああ、時の経つのが早い。

縁あって横須賀に開業してから、縁あってガン患者の会、(やすらぎの会)の

役員に名を連ねています。

4月末に、自治会の総会と、やすらぎの会の総会が

相次いでありました。

少ない予算の中、毎月ドクターによるガンの相談会や

年に数回、コンサートやセミナーを企画しています。

いつも偉いなあ、と思うのは自らガン患者でありながら

会の中心となって活動しているKさん。

コンサートでは素晴らしい草笛を披露して下さいます。

彼の持論は、『外に出て行かないガン患者は死ぬよ。』

彼は活動をしているうちに、だんだん元気になってきて、

今ガン細胞は大人しくしているそうです。

もし、私がガンや、不治の病になったら、

自分が苦しいときでも、人を勇気づけられるような人に

なりたいと、切に思います。

でも、きっと言うは易く、行うは難しなんだろうなぁ…。

痛くてたまらない時に、微笑むことは不可能だろうし。

人生修業だっ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

風邪が抜けない

7月3日に家から戻り、4日、5日はタオ指圧の講習、

6日はお勤めで7日から通常通り治療院を開けています。

ところが、5年ぶりくらいで酷い風邪を引いてしまい、

咳が出始めると止まりません。

実家に居るあいだもずっと調子が悪かったので、

いったい何のために帰ってたのかと、自己嫌悪。

今まで自分の健康を過信し過ぎていたところがあるので、

これからはもっと身体を大切にしつつ、仕事に励みたい。

とりあえずは、今のこの身体をリセットしたいもので~す。

ちなみに、食欲もなかったので、3キロほど痩せました。

でも、これを維持するのは難しいだろうな~。

4日に指圧の講習会に行って、東京から家まで戻り、

翌朝早く家を出る元気もなさそうだったので、生まれて初めて

カプセルホテルに泊まりました。

ネットで調べていた女性専用のホテルです。

講習会のメンバーが新宿の居酒屋に連れて行ってくれ、

そのカプセルホテルまでついて来てくれました。

指圧の講習会のメンバーは、本当にいい人ばかり。

有難くてお礼の言葉もありません。

本当はカプセルホテルの内部の写真をアップしたかったけど、

風邪でしんどくて、カメラを取り出す気になれませんでした。

それにしても、カプセルの中は防音ではないので、

夜中に私の咳で安眠を妨げられた方々、

この場を借りてお詫び申し上げます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

木の枕

早くも6月!

10日くらい前、何気にTVを見ていました。
健康おタクの芸能人が数人出てきて、
ハマっている健康法を紹介する番組でした。

あるタレントが寝る時はフローリングに木の枕で
直に寝ているとか…。
最初は身体が痛いけど、3か月ほどで痛みは治まり
脊椎の歪みが取れ、健康になるとか。

TV見ていてこれだ!っと思い、さっそく
木の枕をネットで探し購入。

フローリングに直に寝るのは、まだ冷たいので
ひたすら薄いせんべい布団に、
木の枕は頭ではなく、首にあてて寝ます。

う~ん、痛い。
痛くて安眠できません。
でも、もうしばらく続けてみよっと
職業柄身体にいいことはやってみなくては…。
三か月後に結果報告します…。
011_3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

リンパ浮腫研究会に行ってきました

日は神奈川県リンパ浮腫研究会に出てきました。

昼ごろ家を出ればいいかとのんびりしていたら、

患者様から電話をいただき、朝のうち鍼を

やって欲しいとのこと。

あわてて、車で汐入に出勤する息子に乗せてもらい、

治療院に行ってきましたが、お化粧は治療院ですればいいと

思って化粧道具を入れたはずが、ないっ!

仕事のあと、昨日置いて帰ったバイクで急いで家に帰り、

5分で化粧して、でかけました。充分間に合ってよかった。

ところで、研究会では横浜市大のM先生の講話に

とても感銘を受けました。

リンパ管の吻合術も、私が行っている理学療法もどちらも

完ぺきなものではないので、コラボレーションをとって、

より良い効果をあげて行こうと言う内容でした。

吻合手術も日進月歩です。

私も患者様にとって、どうすることが一番ベストなのか

を色々チャレンジする中から見つけて行こう!と

思いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

リンパ浮腫と鍼灸

今日、ホームページを見たと言って、電話がかかってきました。

乳がんで腕がむくんだ奥様のために、御主人がいい療法を探してらっしゃる様でした。

話しているうちに、偶然、以前勤務先から派遣されて訪問マッサージに行っていた方だということがわかりました。

この方の奥様は、確か肺に転移していて、足や胴にも浮腫みがあり、入院なさったために、マッサージが中止になった方でした。健康保険を使った訪問なので、せいぜい30分しか時間がない中でのリンパドレナージや圧迫には限りがありました。

退院なさり、今度はぜひ、鍼灸を試してみたいとのこと。しかしながら、リンパ浮腫に大敵の蜂窩織炎を予防するためにも、鍼灸はできないこと、苦痛を少し和らげることはできても、浮腫んだ全身が元通りになる望みは薄いだろうということをお話ししました。

お話ししながら、奥様のために、藁をすがる思いでパソコンに向かった御主人に感動していました。また、この日本で、どれだけ多くの方が、愛する家族の病気を治したいが為に、情報を収集し、時間とお金をかけて実行しているのかを考えると涙が出そうになるのは、年のせいでしょうか?

この方の場合も、私は冷たく突き放したようなものの言い方をしなかったろうか、私が言いたかったことはすべて伝わっただろうかと、電話を切ったあとも考えてしまいました。

テーマに戻りますが、夕方になると足がだるく、むくむ程度の生理的な浮腫には鍼は有効ですが、リンパ浮腫がある上下肢には鍼灸はやらないのが基本です。やはり地道に、セルフマッサージとセルフバンデージを続けることが、一番だと思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

タオ指圧

先週の土日、指圧の講習会に行ってきました。

以前、本屋さんで何気なく買った一冊の本に衝撃を

受け、著者の遠藤喨及先生が始められたタオ指圧

の講習会に思い切って参加しました。

端的に言えば、相手のことを自分のこととして受け止められると

おのずと、押すべきツボが見えてくるということ。

不思議ですが、人はモノだ、とかこの世は自分が良ければ

いい、と思ってあぐらをかいても、押されるとすぐ倒れます。

人は心だ、ひとりひとりの思いが世界をより良く変えられる

と思っていると、いくら押されてもびくともしません。

心にイメージする「思い」に想像以上の影響力があることに

驚きました。

それに、縁あって同じ講習会に集まった方々がいい人

ばかりで、和やかな雰囲気で楽しく二日間を過ごせました。

ですが、良い思いを持ち続けることの大変さにも

気づかされました。

半年間、毎月第一土日は治療院をお休みして

講習会に参加するのが、超楽しみで~す。

| | コメント (2) | トラックバック (0)